人気がある家庭用製氷機の比較を元にしたおススメランキング!

人気がある家庭用製氷機の比較を元にしたおススメランキング!

 

家庭用で使用できる高速製氷機として人気がある機種には、
製氷くん(VS-ICE02)、楽氷くん、405-imcn01とありますが、
一見すると違いが分からないように見えます。

 

そこでこの3機種を比較してどういった違いがあるのか?
どんな人におススメなのか?などをまとめてランキング形式にしています。

高速製氷機を比較!

 

比較表

VS-ICE02

楽氷くん

405-imcn01

製氷時間(目安)

6〜13分 6〜13分 6〜12分

製氷量(目安)

約12kg/日 約12kg/日 約12kg/日

氷保管量

800g 800g 700g

氷サイズ(約)

Sサイズ:20mm × 25mm 

Lサイズ:25mm × 30mm

Sサイズ:20mm × 25mm 

Lサイズ:25mm × 30mm

Sサイズ:20mm × 25mm 

Lサイズ:25mm × 30mm

本体サイズ(約)

幅245×奥365×高325mm 幅245×奥365×高325mm 幅242×奥328×高358mm

重量(約)

8.8kg 8.8kg 9kg

タンク容量

2.2L 2.2L 2.2L

排水仕様

本体下 本体下 専用ホース

カラー

白、銀、赤 白、黒、赤、銀 白、赤

保証期間

1年 1年 1年

口コミ評価

価格

17,200円 18,800円 19,800円

最安値ショップ

≪最安値ショップ≫ ≪最安値ショップ≫

≪最安値ショップ≫

比較ポイント解説
製氷時間

氷を作れられるまでの時間です。時間が短い程早くできますが、室温や使用環境によって若干の誤差はでるようです。
ちなみに本体内に氷が満タンになる時間ではないので要注意です。

 

製氷量

1日に作れる氷の量です。こちらもあくまで目安となっているので環境によって異なります。

 

氷保管量

本体内のバスケットに氷を保管できる量です。満タンになると自動的に製氷がストップします。

 

氷サイズ

作れる氷のサイズです。SかLかで出来上がりの氷の大きさが異なります。

 

本体サイズ

基本的に炊飯器かホームベーカリーですので、置くスペースの確保は必要になるでしょう。

 

重量

氷が入っていない状態の本体の重量です。

 

タンク容量

氷を作る際に必要な水を入れておくタンクの容量です。

 

排水仕様

本体内に水が残っている場合や製氷を中止した場合に必要になる排水方法です。

 

口コミ評価

購入した人の口コミや評判などを総合した指標です。

高速製氷機のおススメランキング!

 

特徴

405-imcn01は他の高速製氷機に比べて大きな窓が付いているので氷がどれだけ出来たのかを確認しやすいというのが特徴です。

また、排水の際には専用の排水ホースを使用するので手を汚すことなくできるので、製氷機のお手入れを楽に行いたい人に人気のあるモデルです。

価格 19,800円
評価 評価5
付属品 保証書、アイススコップ

 

特徴

スタイリッシュな家庭用製氷機としてが評判を呼んでいるのが楽氷(らっこ)くんですが、それだけではなく、A3サイズに収まるコンパクトさも置き場所に困らないと人気です。

また、4種類のカラー展開なのでインテリアや部屋の雰囲気に合わせることができます。

価格 18,800円
評価 評価4.5
付属品 保証書、アイススコップ

 

特徴

ヒルナンデスで氷がない時にすぐに製氷できる機器として紹介されたことで火が付いたVS-ICE02。

氷ケースを取り外すことで衛生面に配慮しつつも、価格も一番安いので家計に優しいのも大きなポイント。

価格 17,200円
評価 評価4
付属品 保証書、アイススコップ

 

新型高速製氷機405-imcn01がおススメの理由!

 

水道水を入れて電源を押すだけで作れる!

氷を今すぐ欲しいのに設定が必要だったり操作が複雑ですと使う気なれませんが、
405-imcn01は水を入れて電源ボタンを押すだけで製氷がスタートするので、
機械操作が苦手な方でも安心なシンプル操作です。

 

 

用途に合わせて2サイズの氷を作れる!

製氷のサイズはSサイズ(20mm × 25mm)、
Lサイズ(25mm × 30mm)から選ぶことができます。

 

これによりSサイズであればペットボトルや瓶、
または麺類などを冷やすのに使ったり、
Lサイズであればジュースやお酒を冷やしたり水割りようの氷に使用したりできます。

 

 

 

付けっぱなしでも安心の自動停止機能!

 

電源と水が入っている限り自動的に氷を作り続けるのですが、
本体内のアイスバスケット内が満タンになった場合は自動で停止し、
停止ランプで知らせてくれます。

 

また、水道水が足りなくなっている時にもランプで知らせてくれるので、
いつの間にか水が無くなっていて製氷が出来ていない!というのも防いでくれます。

 

 

製氷状況を確認できる大きな窓!

 

405-imcn01は製氷具体が一目で分かる大きな窓になっているので、
わざわざを蓋を開けて中身を確認する必要がありません。

 

ちょっとしたことですが、
1回、1回氷の量や水を確認するのは大変ですからね。

 

 

使用後のお手入れが楽な専用ホース!

 

使用後などに本体内に残った水は専用のホースで簡単に排水することができます。

 

本体下に設置してあるもののように排水の為に製氷機を動かす必要もないですし、
手を濡らさないでお手入れをすることができます。

405-imcn01のデメリット!

 

ここまで散々おススメの理由をお伝えしてきましが、
405-imcn01にはデメリットも存在しましたので購入前に確認しておいてください。

 

 

持ち手が付いていない

本体には持ち手が付いていないので、
約9キロある405-imcn01を使用の度に持ち運んだり、
移動させようと思うと非常にきついです。

 

とはいえ、
排水ホースが付いているので水場など場所を決めてしまえば、
本体を動かすことはあまりないかもしれません。

 

 

保冷機能がない

氷は本体内に出来上がりますが、
保冷機能がないので徐々に溶けだけしてきます。

 

業務用などでは作られた氷は保冷機能があるところに入るので安心ですが、
家庭用の製氷機では保冷機能がないので要注意です。

 

ですので、
製氷されたものはすぐに使用するか、
冷凍庫に保管する、
もしくは溶けにくいようにLサイズで製氷するなどの対処が必要です。

 

405-imcn01をお得に購入できる通販ショップ!

 

405-imcn01をお得に購入するなら楽天内にある公式ショップがおススメです。

 

定価24,800円ですが、
19,800円で購入することができますし、
10%のポイントも付くので実質価格でいうと約18,000円ぐらいになります。

 

また、公式サイト以外で購入してしまうと保証も不安が残るので、
やはり万が一の為にも公式ショップが安心でしょう。

 

特徴

405-imcn01は他の高速製氷機に比べて大きな窓が付いているので氷がどれだけ出来たのかを確認しやすいというのが特徴です。

また、排水の際には専用の排水ホースを使用するので手を汚すことなくできるので、製氷機のお手入れを楽に行いたい人に人気のあるモデルです。

価格 19,800円
評価 評価5
付属品 保証書、アイススコップ